若気の至りで入れたタトゥーは消せます!

若い頃、遊び半分で刺青を入れてしまって大人になって後悔した方いらっしゃいませんか? - 若気の至りで入れたタトゥーは消せます!

若気の至りで入れたタトゥーは消せます!

ytjdqweq若気の至りで入れたタトゥーは消せます!
昔は刺青を入れている人というとヤクザというイメージだった、というよりもヤクザ以外の人は刺青を入れることはまずなかったものです。
けれども近年は刺青がタトゥーといわれるようになって、若者を中心に自分の身体に入れる人も珍しくなっています。
刺青を入れている人というと遊び人や派手な格好をした人というイメージがありますが、中には黒髪のおとなしめのメイクをした見た目はごく普通の女の子が派手なタトゥーを入れていることもあり驚かされることもあります。

タトゥーの歴史

そもそも刺青の習慣自体は世界中にあるのですが、日本における刺青の最古の記録は学校でも習った「魏志倭人伝」に記されています。
また、現在でも海外の部族の中には成人になる際に「通過儀礼」として刺青を入れる習慣を持っているケースも見られます。
江戸時代のように犯罪者を識別するために強制的に入れた時代もありました。
暴力団やヤクザといった人たちが刺青を入れるのは、反社会的組織の構成員を示すための「証し」であるともいわれます。
つまり、刺青を入れることで一般社会との決別をおこなうというわけです。
日本に比べると海外ではファッション的な要素が強い時代がありました。
とりわけ1970年代の反体制運動の盛んな時代には社会に対して批判を示すために刺青を入れることが流行りました。
そのために世間では疎まれる存在であった犯罪者やヤクザといった人が入れている刺青がカッコよくておしゃれな存在へと変わってきたのです。

タトゥーが招くデメリットやリスク

その一方、世間ではまだまだ刺青に対する偏見も強く残っています。
そして公衆浴場や温泉、プール、サウナ、スポーツジムなど肌を露出する場所では刺青を入れている人の入場を制限しているところがたくさんあります。
その他にも、就職ができなかったり出世に関わったりするケースもあります。
刺青の顔料には磁性体をたくさん含むものがあり、それがやけどを起こす危険性があるので病院でMRIが受けられないという話もあります。
B型やC型肝炎のリスクもありますし、それを理由に生命保険に入ることができないケースもあります。
さらに、結婚相手がタトゥーを入れていたら親が反対して結婚できないことも珍しくないのです。
このようにタトゥーを入れているせいでさまざまなリスクやトラブルを抱えることになってしまうのです。
一旦刺青を入れてしまうと簡単に消すことはできません。
なぜなら、肌に針で傷を付けてそこに顔料を入れるからです。
したがって、刺青を入れる際にはよく考えてから行なうほうがいいでしょう。
「若気の至りで入れてしまった」ではあとから取り返しのつかない事態になりかねないのです。
タトゥーを消すなら池袋サンシャイン美容外科

タトゥーは消せる!?

でも、タトゥーは絶対に消せないわけではありません。
医療技術が発達した現在、さまざまな方法で除去することは可能です。
その方法にはいくつかあり、タトゥーの入れた時の状況やタトゥーの入っている個所などによって異なります。
たとえば、状況なら自分自身で針を使って入れたのか、友達が入れてくれたのか、それとも業者に頼んで入れたのか、その業者もきちんと免許を持っているか否かといった具合です。
また、タトゥーの箇所は腕なのか、手のひらなのか、首なのか、背中なのかといったものです。
さらに、できる限りキレイに消したいのか、急いで消したいのか、安く消したいのかといったことでも消し方は異なりますし、それにより掛かる費用も違います。
どの消し方を望むのかによって施術方法が異なるので、事前にしっかり決める必要があります。
とはいえ、タトゥーを入れるのは後々のことを考えるとメリットはほとんどなくデメリットのほうが大きいとまずは心得るべきでしょう。

更新情報